The Neil Hartmann Weblog

Photography, Filmmaking, Snowboarding, Music, SNS, Whatever? The only constant is change!

Who is Neil? Neilって、だれ?

This is the official Neil Hartmann (One Films) Weblog! It provides a way for me to share an important part of my life with those who have similar interests. What are my interests? Well, for a living, I concentrate on photography and film making in the Far East, Japan to be exact, focusing on snowboarding, the outdoors, yoga and music. My home is in the northern island of  Hokkaido, but I spend a lot of time traveling all over Japan, and occasionally the world. If you are wondering how I got here, please read on.

ここはNeil Hartmann (One Films)の公式ブログです!僕と同じような興味を持った人と、僕の人生の中の重要な一部を共有する場になっています。僕の興味が何かって?そうだね、職業としては、極東―つまり日本―で、スノーボード・アウトドア・ヨガ・音楽に着目した写真撮影と映画作りをしているんだ。僕の家は北海道という北国にあるんだけど、ほとんどは日本中や、時には世界中を旅して過ごしているよ。僕がどうしてここ、北海道にやってきたのか知りたい人は、このまま読み進めていってね。


Slide Show

Before coming to Japan in the winter of 1991, I was living and working in my hometown of San Diego, California. During my teenage years, I was making money on the streets of San Diego as a juggler and comedian. For most of that time I had a partner named Jamie Adkins. We called ourselves the Blunder Twins, and we performed regularly at the famous Balboa Park. We also performed at private parties and conventions. I can remember juggling for the wealthy at the famous Hotel Del Coronado, located just across the bay from downtown San Diego.

1991年の冬に日本にやって来る前、僕は故郷であるカリフォルニア州のサンディエゴに住んでいた。10代の間は、大道芸人(ジャグリングとコメディアン)としてお金を稼いでいた。その頃はほとんどの間、Jamie (ジェイミー) Adkins (アドキンズ) というパートナーがいた。僕たちは「Blunder (ブランダー) Twins (トゥインズ)(=大失敗兄弟)」と名乗り、普段は有名なバルボアパークで芸をしていた。プライベートなパーティーや大きな集会でも芸を披露することがあった。サンディエゴ都心から湾を隔ててすぐ向かいの、有名なホテル・デル・コロナド・で、金持ちの前でジャグリングをしたのを覚えているよ。

That is me on the left!  左にいるのが僕だよ!

Much to the dismay of my partner Jamie (sorry buddy) I decided to head for Japan to work for a few years, and perhaps even learn how to save some money! My dad was living in Sapporo and he said that there might be some opportunities for young English speakers in the entertainment industry. What the heck, Japan’s economy was booming and I was always interested in TV and film. I thought that maybe I could find some work in that arena.  To make a long story short, I ended up auditioning for a job as a DJ at Hokkaido’s biggest radio station Air-G’.  I got the job and ended up working there for seven years.  The radio work was a great experience. I learned a lot about music and how to use my voice, while doing what I enjoyed, which was entertaining people.

パートナーのJamie (ジェイミー) が自身を喪失してしまったことが大方の原因で(ごめんよ、相棒)、僕は2,3年働くために日本に向かうことに決めたんだ。ひょっとしたらお金の貯め方もわかるようになるかも知れないと思ってね!僕のパパはその時札幌に住んでいて、エンターテインメント業界で若い英語の話し手に好機があるかも知れないと言ってくれた。どういうことか、日本の経済は急進展していて、そして僕はいつもテレビや映画に興味があった。だから僕はもしかするとその舞台で何か仕事を探せるのではないかと考えた。長ったらしい話は割愛させていただくとして、結局僕は北海道最大のラジオ局であるAir-G’ (FM北海道)のDJのオーディションを受けたんだ。僕はそこに就職することになり、最終的には7年働いた。ラジオの仕事はすばらしい経験になった。僕は音楽や声の使い方について沢山のこと学びながら、自分の好きなことをすることができた。それはつまり、人を楽しませるということだ。

It was in Hokkaido where I had learned to ski and then snowboard.  I had visited my dad as a teenager and he had gotten me some temporary work at Rusutsu Ski Resort.  Having a free ski pass had given me the chance to learn to snowboard.  I’ve always loved nature and camping, so this gave me something to do during the winter months.  Well, over the last 20 years, it seems that not much has changed really!  I guess I fell in love with snowboarding so much that I just never stopped.  Now I ride as much as I can and most of the time I have a camera bag on my back.  I now make my living by taking photos and shooting video of professional snowboarders from here in Japan and around the world.  Thanks to being based in Hokkaido, a powder destination for many of the snowboarding legends, I have been able to meet and ride with many of my heroes.  Here is a quote from the man, Jake Burton, himself!

初めてスキーを、それからスノーボードを学んだ場所が、北海道だった。10代の時に僕はパパを訪ね、パパは僕のためにルスツスキー場での短期アルバイトを見つけてくれた。無料スキーパスをもらえたおかげで、僕はスノーボードが滑れるようになった。昔から自然とかキャンプが大好きだったから、スノーボードのおかげで冬の間もやることができた。でもまあ、この20年を振り返ってみると、あまり何も変わっていないように思えるね!僕はスノーボードと深い恋に落ちてしまって、やめられなかったみたいだ。今はできるだけ沢山滑り、そしてほとんどの場合はカメラバッグを背負って行く。僕は今、ここ日本や世界中のプロスノーボーダーの写真とビデオを撮ることを仕事にしているんだ。北海道―パウダースノーを求めて多くのスノーボード伝説が集まる場所だ―を拠点としていることで、僕は憧れのヒーローたちと会って一緒に滑ることができた。これはJake (ジェイク) Burton (バートン)自身の言葉だよ!

“I just got back to the hotel from my first day of snowboarding in the Northern Hemisphere winter! I am a very happy boy. We are in a town called Jozankei on the Island of Hokkaido in northern Japan. Neil Hartmann, a rider from San Diego who has been living here for 14 years and is now a Hokkaido local, was kind enough to drive me up to a little resort on the top of Nakayama Pass. The resort was closed for the day and it was getting dark, but I went for a hike up the mountain with ‘Little Mt. Fuji’ off in the distance. It was an awesome hike with my headphone hat on (nice product from Burton Softgoods) and my iPod wailing. The ride down was surreal. Naru, one of our Japanese Team riders, came along for the hike and we rode down through these bamboo bushes in a foot of fresh powder. Even though I had been in the mountains of the southern hemisphere all summer (their winter), and I rode more than I ever have in a summer, I needed winter and snow in the worst way. We are all feeling the same way and when I got back to the hotel I didn’t hesitate to let everyone know that ‘winter was on.’ This was in spite of the fact that, prior to arriving here, we had spent the last six weeks in some very cool spots.”

「僕はたった今ホテルに、北半球の冬のスノーボードの初日から帰ったばかりだよ!僕は本当に幸せ者だ。僕たちは、日本の北部にある北海道という島の、定山渓という町にいる。Neil Hartmann という、14年ここに住んでいて、今は道民であるサンディエゴ出身のボーダーが、中山峠のてっぺんにある小さなスキー場に僕を車で連れて行ってくれた。スキー場はその日閉まっていて外も暗くなりかけていたが、僕は遠くに『蝦夷富士(=羊蹄山)』を見据えながら山を登ってみた。叫ぶiPodとヘッドホン帽子 (Burton (バートン) 社の良い製品だ)を身に付けながらの登山はすばらしかった。滑り降りてくるときは超現実的だった。僕たちの日本チームのボーダーの一人であるナルも一緒に登り、僕たちは30cmほどのパウダースノーの中、竹の茂みをかき分けながら滑った。南半球の山々で一夏中(そこでは冬だが)過ごし、今までで一番多く夏のスノーボードをしたにもかかわらず、僕はどうしても冬と雪が欲しかった。僕たちはみんな同じように感じているから、ホテルに戻った時、僕は迷わずみんなに知らせた。『冬は真っ盛りだ』とね。ここに来る前に、とても寒い所で6週間過ごしていたという事実を物ともせずにね」

Presently I do photography work for magazines like, Honeyee Mag, Trans-World Snowboarding, Snowstyle, Spray, Outdoor Japan, and many more.  I also do video production under my own label, One Films, featuring the Car Danchi series, and the occasional MC or TV hosting job for Nissan’s X-Trail Jam in the Tokyo Dome and more. Life is good and I am grateful!

現在、僕は「Honeyee」、「Trans-world Snowboarding」、「Snowstyle」、「Spray」、「OutdoorJapan」その他諸々の雑誌で写真撮影業をしている。そしてまた、自分のレーベルであるOne Films から「CAR DANCHI (車団地)」シリーズに特徴づけられるビデオを制作したり、時々東京ドームで開催される日産の X-Trail Jam などのテレビ司会やMCをやったりしている。人生とても楽しくて、僕は嬉しく思っているよ!

One Response to “Who is Neil? Neilって、だれ?”

  1. […] Who is Neil? Neilって、だれ? « The Neil Hartmann WeblogNeilの自己紹介、感じ良い。 […]

 
Follow

Get every new post delivered to your Inbox.

Join 1,986 other followers

%d bloggers like this: